すごい会議の実施例 > 株式会社ウインローダー

株式会社ウインローダー

設立 1950年1月
資本金
従業員数
事業内容  調達物流 / 社内物流 / 販売物流 / エコ物流
担当コーチ 太田 智文

目標に向けて 自ら動く社員に変わる

「良い人」社員にギラギラ感(笑)がほしい

なぜすごい会議を導入しようと思いましたか?

太田さんとお会いして、弊社社内に足りないもを持っている方だと思い、すごい会議導入を決めました。それ、弊社 社員すこし良い人になっている傾向があり、太田さんように良い意味でギラギラ感(笑)を出して、無駄なことをせずに、 目標に向かっていく姿勢を取り入れたかったからです。また私も社長になってから4年目ということもあり、既存方法を変え たいという想いがあったで、とても良い機会でした。

すごい会議の仕組みでお感じになったことはありますか?

「どようにすれ?」、本当に鮮烈でした。そ一言だけでこんなに変わるかと思いました。また「書いてから発表する 方法」も右ならえ会議が多い中で、次々に意見が出る良い手法です。質問、提案やり方も新鮮で非常に勉強になりま した。社内で、あポストイットを大量に購入して他打合せや業務に役立てています。

意識のスイッチが入り目的が明確になる

すごい会議導入で一番の成果はなんですか?

意識スイッチが入りました。目的が明確になったと言った方が良いかもしれません。各々役割がっきりして、社員が動き やすくなったと感じています。

スクリーンショット 2016-08-25 23.05.35

1・5 倍の成果をあげる!

皆さんにはどのような影響がありましたか?

社員から意見が活発にでるようになりました。先日、あるイベントがあったですが、バー ムクーヘン考え方で全員が責任者となって、イベント達成に向けて動いていました。 また、メンバー自身から目標を掲げて、「どようにすれ?」達成するかを実践し、作 業効率を高めるために行動して、あるメンバー 1.5 倍成果があがりそうです。

すごい会議はどのような組織にお勧めですか?

日本会社に、合うでと感じています。良い意味で日本風意見を言わない 組織体にぴったりだと。言えない問題に関しても、今まで手つかずでしたが、弊社 で実際に解決する方向に向けて動き始めています。

ご自身の中での変化は何かあったのでしょうか?

私自身、現状耐えている(笑)というが正直なところです。社員それぞれが考え行動し、目標を達成するために動いてい ますで。私が動いた方が良い点もあり、歯がゆいですが、組織として成長するために努力しています。

今後の目標はどんな内容ですか?

現時点から、とても高い目標が立てられました。ただし、トップダウンでなくメンバー自身が考え決定したで、とても楽しみ です。
「すごい会議」社内でまだ続けていますが、まず PMO 担当 I 氏が太田コーチように意見をハッキリ発言して個性を 出しながら成長してくれることを願っています。

スクリーンショット 2016-08-25 23.05.45

日時:2013.01.30  

担当コーチ

太田 智文
おおた ともふみ

株式会社ピグマ

理念、ビジョン、そして人のつながりといった「ワクワク」を実現する組織作りと、見える化、コミットメントといったマネージメントの仕組みを革新する「テクノロジー」 の両面で、企業の進化を支援することがピグマのミッションです。

もっと詳しく
もっと詳しく