すごい会議の実施例 > 株式会社 イデアル

株式会社 イデアル

設立 2007年10?10?
資本金 4,500万円
従業員数 24名
事業内容  事業:不動産関連サービス業務
主な取引先:ビルオーナー、デベロッパー、一般企業、チェーン店、FC 企業、 等
担当コーチ 太田 智文

「業界トップを取ろうぜ!」 “巻き込む力”で大きな目標を共有

明るい社内に「責任感」がプラスされ、大きな数字に繋がった

早速ですが、何故すごい会議を導入しようと考えたのか教えていただけますか?

薄葉: 僕が起業する以前、10 年ほど前から太田さんとゴルフで面識があったのですが、昨年知人に紹介していただ いて、改めてお会いしました。久しぶりに話をして、「やっり太田さんいいな~」と思いましたよ。その上、身近な経営者の方達が結構すごい会議を導入していましたし、僕自身も大橋禅太郎さんの本を読んでいました。すごい会議の導 入価格は決して安くないけれど(笑)、内容が良さそうだったで 2 回ほど打ち合わせをしてすぐに決めました。

すごい会議導入以前は、中小企業にとってありがちですが......どうしても「社長主導型」になってしまい、僕が様々な ことを決めていました。しかし、そままでは会社が伸びないので、現場の人間にもっと自発的になってほしかったんで す。みんな元々、積極性はあるのですが、自主的に戦略を立てることが難しかったのです。すごい会議をきっかけに、 自分で考える時間を作り、目標や計画を立てることができるようになってほしかった。

具体的にはどのようなコミットメント(目標)を作ったのでしょうか

薄葉: サブリース(いわゆる転貸)事業の新 規開拓も目標の一つでした。僕が検討して いた目標数値をスタッフにシェアし、「達成 ためにはどうすればいいか」を、すごい会議を利用しながら考えていきました。

1 度の会議で 10 個、20 個とアイディアを 出し合って実行し、ダメだったら改善すると いうプロセスをバンバン繰り返しました。すご い会議以前、僕は社内のことはほぼ全てを 把握していたのですが、今で知らない企 画があちこちで行われていますよ。かなり変 わりましたね。

スクリーンショット 2016-06-20 15.57.32

特に変化を実感されたポイントは?

薄葉: すごい会議のセッションを行ったのは 6 回、参加者は合計 7 人。スタッフ 4~5 人 を抱えたチームリーダー以上が参加してい ます。様々な課題に対し、「どうすれでき るようになるか?」という切り口で「問題を 解決するためアイディア」を出して行くの で「何でこれができないの?」と悩むことが なくなりました。

当社の営業スタッフは新卒しか採用して いないこともあり、平均年齢約 27 歳。み んな元気で体力が有り余っていて......とい うカラーの会社ですから、すごい会議の導 入によって雰囲気自体は特に大きく変わら なかった。また、不動産業界は今でも FAX 連絡が多いほどアナログですが、弊社は元 から IT 化や情報共有の仕組みがかなり進 んでおり、全体的に若い気風でした。
そのような環境におけるすごい会議の大 きな恩恵の一つは、会議体そのものの進め 方が変わったこと。
以前は「僕が決めたことをみんなに伝える」形の会議で、営業成績や報告を見て「ああでもない、こうでもない」と指示を出し、スタッフは従うだ けでした。今ではスタッフが自分で考え、コミットメントを作って管理し、報告するようになりました。「人から言われた事」よ り「自分で決めた事」の方がモチベーションが上がるし責任感も生まれます。元々、営業で成果を出せる人間は明るくて 前向きなマインドがあるタイプですからね。そこに責任感がプラスされて、実際の大きな数字につながっています。

実際にすごい会議を導入した感触はいかがでしたか?

薄葉: 期待通りでイイ感じですよ。1 回目は特に内容が濃かったので、その段階で大きな期待をもちました。「自分たち で決めた事を、どうやって達成して行くのか」と考えるトレーニングになるし、一人ひとりが行動して検証するというサイク ルを回せるようになりました。

成長してますよ、みんな(笑)。もともと“キャラと勢い”だけだったんですよ。勢いだけで契約が取れ、業績も伸てい ました。だから、すごい会議を始めた当初、「何でこんな事やらなきゃいけないの?」と感じたスタッフもいたと思う。各 自目標数値を「エイっ、ヤー!」と勢いで達成できるのであれば、わざわざプランニングなど行わないですからね。

「高い目標を設定する事が正しい」という事と、どうすればそ目標を実現できるのか?という「目標実現のためのプラ ンを作る事も正しい」ということが分かってもらえた。「別に高い目標や計画なんかなくてもいいじゃん、できてるんだから」 という発想がなくなった。「より大きな成果を出すために、明確な全体目標や計画が必要だよ」という、チームや会 社全体ことを考える意識が浸透しました。

今まで中途半端にうまくいっていたから、「ドン!」と大きな成長ができなかったんですよ。みんなが覚悟を決め、大 きなことに取り組まないと会社は伸びない。すごい会議を実施し、覚悟が決まったことと「大変だけど、これをやったら凄 いよ。やってみよう!」と、大きな目標を目指して盛り上がる方向に持って行けたことが強いですね。

「口を出さない」「社員に任せる」と覚悟を決めたら経営に専念できるようになりました

スクリーンショット 2016-06-20 17.46.51

社長ご自身は、すごい会議を通じて変わった点がありますか?

薄葉: 口を出さなくなりました。今、営業に関わることはほぼ全てスタッフに任せています。以前は、気になるからつ いつい(笑)。 経営者“エゴ”というか“勘違い”で、口を出しても出さなくても結果ほぼ変わらないんです。だったら、 現場の人間に任せて結果につなげた方が、「次も頑張ろう」という気持ちになるし、責任感も生まれる。

太田: 「社長の仕事は彼らに答えを出す事じゃなくて、クイズを出す事です」というセッションを行いましたよね。

薄葉: そうそう。それで僕自身も、「口を出さない」と覚悟を決めたんです。そのセッション後、リーダー達には、「この金額 まで はOK」と権限を与え、僕は細かい数字を見ないようにしたんです。見ると気になっちゃうから(笑)。大怪我する可能 性はあるけど、最終的に僕が責任を取る覚悟でやってますんで。すると、みんな責任感を持って取り組むようになりま したし、何よりも僕が経営に専念できるようになりました。

スタッフのみなさんの感想をお聞きになった事はありますか?

薄葉: スタッフから、「“決める”って大変っスね~!」なんて聞きますよ(笑)。あえてしんどい決め事させていません が、「自分で決める」こと自体が結構大変じゃないですか。でも、みんな柔軟性が高いですから、もう慣れてきましたよ。

僕が 21 歳頃から、「これだぞ、営業は」と信じている大切なポイントが 4 つあります。それは「数と気合とノリとタイミン グ」(笑)。特に「タイミング」つまり「運」、ポジティブであることと強く関係しますから、明るい社風を大切にしています。 くだらない事も含めて、前向きかつスピーディーに「これやってみよう!」と決め、駄目だったら戻す事ができる社風が、 すごい会議ととても相性が良かった。

また、すごい会議では自分でアイディアを書き出さなければならないから、「頭を使って大変だ」というスタッフが多いか な。仕事ができる人間はセンスもありますよね。だから、「お前のアイディアはつまらないな」と言われないためにも頭を使 わないと(笑)。まだ成長過程ですね。

すごい会議に直接参加していないスタッフにも変化はみられましたか?

薄葉: 会議に参加したリーダー達が、自分のチームですごい会議と同じ方法を取り入れているので、他のスタッフにも良 い影響が出ていますよ。また、各チームで出たアイディアをリーダー間で共有するようになりました。今まではチームごとの ミーティング内容はシェアされていなかったし、そもそもミーティング自体がほとんどなかった。

各チームで出たアイディアを社全体で実行する事もありますよ。たとえ「すごい飛込み」(笑)。通常飛込み営 業で1人が担当エリアへ行き、ビルオーナーに「空き店舗ありませんか?」とたずて回ります。しかし、「すごい飛 込み」でチーム全員が同じエリアに行き、場所を分担して街全部をバーッとローラー作戦で当たっていく(笑)。かな り成果が上がっています。

営業という仕事は、「気持ち次第で結果が 0 か 100 か」という側面があります。その時々でハイパフォーマンスが出せ れば結果につながります。みんなで同じエリアに行き、「俺がここを制覇しなきゃ」とモチベーションを高めたり、他のスタ ッフから電話で「いい話があったよ」と聞いて自分も頑張ったり。みんなでやるとサボれませんし。でも、それもマンネ リ化する前に新しいやり方を取り入れ、変化を続けていく必要があると考えています。

スクリーンショット 2016-06-20 15.57.55

太田コーチの印象についてお聞かせ下さい

薄葉: 太田さんが言われた「妖精が降りてきた」というフレーズが面白いし勉強になりましたよ。
太田 :「会議精霊」のことですか?(笑)。「スタッフが社長に対して言いにくい事」など、口にしにくい問題を伝えてほしい時に使います。「自分ではなく、会議の聖霊が乗り移って言わせているのだ」ということにして本音を話すのです。

薄葉: 太田さん 10 年前にゴルフで一緒だった頃と、すごい会議のプレゼンの時では印象が全く違います。昔「比 較的大人しい方かな」と思っていたのですが、今回は「全然違うじゃん!」と(笑)。 ゴルフはあんまり上手くなかったか らね。僕も人事言えませんけれど(笑)

弊社スタッフはどちらかと言うとノリと気合 いを大切にしていて、「コンサル」など横文 字が苦手。僕も同じで、なんとなく「頭がいい だけの人」を認めたくない(笑)。ノリが良くっ て営業マインド抜群の太田さんとは合ってま したよね(笑)

すごい会議と太田コーチはどのような会社におすすめですか?

薄葉: すごい会議に「合う」「向いている」のは、 やはり新卒を中心に組織されている若い会社。 柔軟だから受け入れ易さが全然違いますよね。 ただ、「やった方がいい」のは歴史ある古い タイプ会社でしょうね。 そもそも、「会社が伸びてない」時点でもう “ヤバい”んですよ。去年よりも今年が伸びて いないのは何かがおかしいから、変えなきゃ いけないんだけれど、そこが難しい。社長や 経営陣の年齢層が高く、過去の成功体験を 捨てきれないような会社は本当にやった方が いいでしょうね。なかなか導入に踏み切れな いかもしれませんが。 そして、太田さん自身は、“打ったら響く”営 業系会社が向いてますよね。

太田:営業系の会社が自分でも向いていると 思いますよ。数字にも表れ易いですしね。

薄葉: すごい会議以外に、人事のマインドセ ット系の研修をスポットで利用したことがありま す。比較してみると、すごい会議は年単位で 継続し、ツールが同じで共通言語がある―― つまりフォーマットが決まっているから取り組 みやすいと思います。

信頼を得られる組織を作り、結果的に高い業績を上げるために 「すごい会議」が原動力になっています

今後の展望についてについてお伺いします

薄葉: 不動産業界は、今は良い状況ですよ。ただし、不動産業界は景気の影響を受けやすく浮き沈みが激しいので、 僕たちは業界動向とはあまり関係のないところで仕事をしています。路線価や地価の指数は完全に景気連動なんです よ。景気が良くなれば高くなるし、悪くなれば下がる。しかし僕たちの店舗賃貸マーケットにはあまり関係ないんですよ。 「リーマンショックで 100 年に 1 度の金融危機だ、ヤバい!」という時でも、渋谷センター街に人がいましたよね。どん な時でも腹は空くじゃないですか、人間は(笑)

そこで、僕たちは「店舗リーシングナンバーワン」を目指しています。この 1 年の目標で言えば売上 10 億円。

今は社員を巻き込みやすくなりましたからね。「社長が言ったからやろう」でなく、リーダー陣以上が同じベクトルを 向き、目標をスタッフ 1 人 1 人のものにする効果が高い。これは強いですよ。中長期的に見ても、短期的に見てもすご い会議の導入が大きな成果につながっていくでしょうね。

社名のイデアル(理想)は「関わった人を幸せにする会社」という思いが込められているとのことですが...

薄葉: まだまだですが、多少できていますね。僕たちがいる事で笑ってくれる人が沢山いることは、本当にうれしいこと ですよね。社員にとっても、貸主さん、借主さんにとっても、「なくてならない存在」になりたいです。現在のお客様から さらに多く方に広めていきたいですね。

言葉を選ずに言えば、店舗賃貸の業界はサービスレベルが高くないんです。店舗の賃貸契約は一般住宅やオ フィスと異なり、建築や行政、法律の問題、その地域や隣人との問題、設備の問題など課題が多いのです。それにも関 わらず、賃貸借契約書を 1 枚交わせば簡単に借りることができる。そこで、「勝手に工事された」「いざお店を開けたは 良いが、臭いがついている、煙が凄い」など、僕たちなら回避できる問題が起こっている契約をよく見かけます。僕たち は店舗専門だから契約事例が数多く蓄積されていますが、普通の不動産会社は店舗契約の経験が少ないから、事前 に察知できずに問題につながりやすいのですね。

また、1 社で複数の物件情報を定期的に紹介できる会社が少ないで、その面でも重宝してもらっています。

誠実な対応と今までの実績で「イデアルさんなら安心だ」と言っていただくケースも増えてきました。でも結局対 応する人間次第で会社のイメージなんてすぐ変わってしまう。だから、信頼を得られるいい組織を作るためにも新卒採 用にこだわって、じっくりスタッフを育てていきます。時間はかかりますが結果的に高い業績を出すためにも必要だと考 えていますから。そんな僕たちの理想達成のためにも、すごい会議が大きな力になっています。

スクリーンショット 2016-06-20 15.56.28

日時:2014.08.04 
フォトグラファー:ケニア ドイ 
ライター:菅原 りさ

担当コーチ

太田 智文
おおた ともふみ

株式会社ピグマ

理念、ビジョン、そして人のつながりといった「ワクワク」を実現する組織作りと、見える化、コミットメントといったマネージメントの仕組みを革新する「テクノロジー」 の両面で、企業の進化を支援することがピグマのミッションです。

もっと詳しく
もっと詳しく